トリハロメタン(水道水に含まれていることがあって、体に有害というイメージがありますね)について、お話をします。 有機ハロゲン化合物の一種で、塩素原子を含んだ物質の総称をトリハロメタンと言います。 トリハロメタンには四種類あり、クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムですが、その代表的な物質がクロロホルムです。 水道水の塩素消毒などにより生じるかも知れません。 この物質が問題になっているのは、発がん性があると言われているからです。 発がん性の他にも、催奇形性、中枢機能低下、心臓や肝臓、腎臓機能にも障害が及ぶとされています。 では、水道水のトリハロメタンを体内に入れないようにするには、どうしたらよいのでしょうか。 5分程度の煮沸で取り除けるという説もありますが、15分から20分くらい煮沸し継続することでようやく除去することができるとも言われています。 オゾン消毒や、浄水器の使用などでも取り除くことができるみたいですが、一番簡単に個人でできる方法は、やはり煮沸消毒ということになります。 今の段階では、個人で対策することが一番のトリハロメタン対策だと言えるでしょうー